i r o i r o

2021.3.25(木) → 4.25(日)

open 12:00 - 18:00 / CLOSED Tue.  & Wed.



小阪靖子さんが20年来通い、タイ チェンマイで出会った素材で

現地の生産者と共に作られた衣服『i r o i r o』


3月もギリギリまでチェンマイに滞在し、届けてくださいます。

鈍い光沢のさらりとしたタイシルクや、刺し子のチクチク。

自ずと気持ちが昂まります。

袖を通せば、人や街の空気も感じるはずです。

ご一緒に『i r o i r o』を堪能しましょう。

衣服の他、カジューのカゴや、タイの少数民族の布なども並びます。

iroiroマーケット、1ヶ月開催です。

どうぞお出かけください。



iroirostyle.com





이불 

【イブル】


2021.2.4(木) → 2.28(日)

OPEN 12:00-18:00 / CLOSED Tue.&Wed.

赤ちゃんから犬、猫まで…

敷いてよし、掛けてよしのキルティング布団「イブル」。

色、サイズを豊富に揃えて、お待ちしております。


                               drawing&caligraphy by keiko yuasa



---


2021.3.12-14

Keiko Yuasa exhibition   w/A

at   SOMOS 〈OKINAWA  NAKIJIN〉




---

2/3までは、店内入れ替え、一部改装のため

お休みをいただいております。


◎営業時間を18:00までに変更いたしました。


2021もどうぞよろしくお願いいたします。





circular インドの手と環

2020.9.26(土) → 12.27(日)


                           





布が好きになったきっかけは、CALICOとの出会い。

手で紡がれた不揃いの糸が織りなす布の美しさ、柔らかさに惹かれ

ブロックプリント、刺繍、扉を少しずつ開けるたび、どんどんはまっていく。

まだまだ開けていない扉ばかり。

今回はどんな布に出会えるのでしょう。

手から繋がる環の中へ、どうぞお越しください。


◎小林史恵さん(CALICO代表)在店日 10/11(日)


併せて『circular』では、インドの雑貨、ヴィンテージキルト

郡司製陶所、壺田和宏・亜矢さんの陶器をセレクトします。






2020年7月23日(木/海の日)→ 8月16日(日)

12:00-19:00 火・水休み


ざぶざぶ洗い、日に干し、自分のものになっていく、ヂェン先生の日常着。

「身体が求めている服は何だろう。」

デザイナーの鄭惠中(ヂェン・ホェヂョン)は

自分の身体が喜ぶ服を作るため洋服の製作を開始しました。

台湾 台北郊外のアトリエにて

35年前から今も変わらぬ工程で一枚ずつ丁寧に作られています。


 +


FUKI lab.ノナカフキコ メッシュバッグ

A カンフーシューズ


_

本オープン(今秋予定)前に期間限定イベントを開催します。