circular インドの手と環

2020.9.26(土) → 12.27(日)


                           





布が好きになったきっかけは、CALICOとの出会い。

手で紡がれた不揃いの糸が織りなす布の美しさ、柔らかさに惹かれ

ブロックプリント、刺繍、扉を少しずつ開けるたび、どんどんはまっていく。

まだまだ開けていない扉ばかり。

今回はどんな布に出会えるのでしょう。

手から繋がる環の中へ、どうぞお越しください。


◎小林史恵さん(CALICO代表)在店日 10/11(日)


併せて『circular』では、インドの雑貨、ヴィンテージキルト

郡司製陶所、壺田和宏・亜矢さんの陶器をセレクトします。






2020年7月23日(木/海の日)→ 8月16日(日)

12:00-19:00 火・水休み


ざぶざぶ洗い、日に干し、自分のものになっていく、ヂェン先生の日常着。

「身体が求めている服は何だろう。」

デザイナーの鄭惠中(ヂェン・ホェヂョン)は

自分の身体が喜ぶ服を作るため洋服の製作を開始しました。

台湾 台北郊外のアトリエにて

35年前から今も変わらぬ工程で一枚ずつ丁寧に作られています。


 +


FUKI lab.ノナカフキコ メッシュバッグ

A カンフーシューズ


_

本オープン(今秋予定)前に期間限定イベントを開催します。